本を読もう



うちの本棚の中でも特徴的なのが、この棚でしょうか。
絵本や児童書の紹介や研究、作家さんのエッセイ等を集めてみました。
IMG_1078.jpg


本を選ぶ時の目安にもなりますが、ひとつの本でも読み手によって捉え方が変わるのだなということも見て取れます。自分はこう感じたけれど、このように感じることもできるのだと。絵本の奥深さを感じます。
また作家さんのエッセイには作製秘話のようなものも混じっており、あの作品にはこんなエピソードがあったのかと驚かされたり微笑ましかったり。
そんな絵本や児童書を読む時の楽しみを加味する本が集まっています。

僕は本をいい本とそうでない本に分けるのは苦手なんですね。あの本もこの本もその本も面白い。あの本はあそこが面白く、この本はここが面白い。どんな本にもそれぞれの面白さがあると思っています。そしてその面白さは読み手が変われば変わるし、同じ読み手でも読む時期(タイミング)によっても変わる。そんなものだと思っています。だから多くの本に出逢いたいのですね。そして出逢いのお手伝いができればいいなと思っています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
大阪阿倍野区王子商店街にある古本屋「大吉堂」です。

大吉堂

Author:大吉堂
〒545-0023
大阪市阿倍野区王子町3−4−4
王子商店街内

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR